松戸市の「ふきざわ整骨院・整体院」医療関係者も絶賛

脊柱管狭窄症

この脊柱管狭窄症
もうどこでも良くならない
そう思っているあなたへ

72cc2959497ee29fd42960a892ba0a3c_s - コピー - コピー (2) - コピー - コピー - コピー

 

こんなお悩み
\ございませんか?/

  • 5分ほど歩くとスネにしびれが出現し休むと回復する。
  • 病院の先生から手術を勧められているが避けたい。
  • ロキソニンを飲んでいるが痛みがなくならない。
  • 病院の注射や痛み止めの薬には頼りたくない。
  • お尻から足にかけての「しびれ」と「痛み」をなんとかしたい。
  • 家事をしていると脚が重くなりしびれてくる。
  • 整形外科や整骨院にいったが改善がみられなかった。

矢印そのお悩み
当院にお任せ下さい!

 

 

医療関係者や専門家が 当院の技術を絶賛

 

 

お客様の喜びの声が
信頼の証です!/

 

「脊柱管狭窄症でもだんだんと歩けるようになります」

長年の腰痛が尾を引いて脊柱管狭窄症と診断されました。
痛みのため歩くときは前かがみで歩いていました。
通院するようになってから少しずつ腰も楽になり歩く距離もだんだんと伸びてきました。
今ではぎっくり腰などもご無沙汰しております。
年をとってからと諦めていた猫背も背筋が伸ばして歩けるようになり気持ちも前向きになれました。

(西岡様 70代女性)

※効果には個人差があります

 

 

なぜ?当院の施術は
こんなにも脊柱管狭窄症

改善されるのか?

 

他で良くならない理由

imasia_11958953_M-e1477972309877

なぜ、あなたの脊柱管狭窄症が良くならないのか、について説明します。

病院や他の整骨院でおこなう脊柱管狭窄症の治療は

  • マッサージ
  • 薬物療法
  • 物理療法(電気、温める)
  • コルセット・テーピング
  • 運動療法
  • 注射
  • 手術

このようなことが行われています。

当院がこのような治療に対する考えは

マッサージ

マッサージでは根本原因である脊柱管狭窄は取り除くことができません。

患者さんは腰の痛みを訴えるのでどうしてもその場しのぎの気持ちよさや刺激を求めてしまいます。そして施術者は言われるままに腰をグイグイと強めに押してしまいます。

特に変形している骨をうつ伏せの状態からグイグイと押し込む施術は百害あって一利なしです。

薬物療法

薬物療法では筋弛緩薬・痛み止め・血流改善薬・ビタミン剤などの飲み薬や湿布を処方されます。痛みを和らげるものであって治療方法ではありません。

「リリカ」などの神経性疼痛緩和薬が定番ですが根本改善には至らす強い副作用があります。薬との併用は施術効果が発揮できないケースがあります。

物理療法

「電気療法」「温熱療法」「牽引療法」なども改善には至りません。

脊柱管狭窄症の原因が骨の変形だと考えると表面的な筋肉を「動かす」「温める」「引っ張る」だけでは効果はありません。

 

コルセット・テーピング

コルセットをつけることで骨盤を安定させ、一時的に楽になる感じがあります。

しかし痛みの原因を改善するわけではなく、負担の軽減です。

依存すると筋力低下を招き骨盤の前後方向の動作制限を作り動きが悪くなってしまうこともあるので長期の使用は控えたいものです。

 

運動療法

「体幹を鍛えましょう」

「腹筋が弱いから腹筋をしましょう」

「筋力不足が原因です」

などと言われ一生懸命腹筋運動や筋肉トレーニングをおこなう方がいます。

闇雲におこなう筋肉トレーニングは間違いなく悪化します。

なぜならばスポーツ選手やスポーツインストラクターなど日々鍛えているにもかかわらず重度な腰痛で悩まされている方が多いのが事実です。

 

注射

強い痛みやしびれがある場合神経根ブロック注射を打つことがあります。

注射は麻酔と同じで脳から送られる痛みの信号を遮断する方法です。

本来痛みとは体が発信する重要なサインです。体のどこかに異常があれば「痛みのサイン」をだしてこれ以上無理しないでという危険信号なのです。

体の大事なメッセージを消してしまうのがブロック注射なのです。

そうすると体は更に強いメッセージを送ろうとしますので鎮痛剤が効かない体になってしまうのです。

 

手術

脊柱管狭窄症の痛みを取るため、手術を真剣に考えている患者様も多いでしょう。

手術に関して「やる」か「やらない」かに正解はありません。

術後によって辛い痺れから解放され社会復帰された方もいます。

ただ、術後数年してから再び同じ症状がぶり返してしまう患者様をみていると100%の保証はありません。

金銭的リスクと身体に負うダメージを考えると得策ではないのかもしれません。

 

海外の文献では「外科的減圧術(手術)と理学療法士によるリハビリが2年後身体機能にもたらす効果に差はなかった」との研究報告があります。

リハビリの内容としては文献を引用すると「週2回、6週間のセッションを提供、理学療法士が全身運動に加えて腰椎の屈曲および下肢の柔軟性の向上と強化に焦点を当てた運動を指導し、姿勢などに関する教育もおこなった。

米Pittsburgh大学のAnthony DeLitto氏らがAnnals of Internal Medicine誌2015年4月7日号に報告

手術に抵抗があり「どうしても受けたくない」という方には希望が持てるのではないのでしょうか。

 

症状についての説明 

39b9752cb2393faf69881759cb4df343_s - コピー (3) - コピー脊柱管狭窄症の特徴として「間欠性跛行」があります。

歩き出しからしばらくすると腰から足にかけて痛みやシビレが出現します。

「お尻の痛み」「ふくらはぎの痛み」「スネの外側の痛み」が比較的多いです。

前屈みになり少し休むと楽になり再び歩くことができます。距離は50メートルから2000メートル未満です。

重度になると膀胱や直腸の働きと関係が深い馬尾(脊髄神経の末端から馬のしっぽのように伸びている末梢神経の束)が障害される排尿・排便障害を訴えます。

足腰の痛みやシビレによって外出する意欲がなくなり「運動不足」に陥って高血圧、冷え、便秘など狭窄症以外の症状も合併していることが多く、全身の血流障害にまで発展します。

 

 

原因

034-2 - コピー (2) - コピー - コピー - コピー - コピー脊柱管狭窄症の症状が出るまでの過程を考えると少なくともおおよそ5年以上から要因を抱えたものが、それぞれの過程を遡って発症していくものだと考えます。

原因の1つ目は、歩行時の姿勢が悪く脊柱管が狭められ神経が強く圧迫されること。

2つ目は、足を前後に動かす際に神経を引っ張ってしまうことです。

また、脊柱管が狭まる原因の1つが、背骨を構成している椎体や椎間板、椎間関節、靭帯などが加齢と共に変化することです。

しかし脊柱管狭窄症の原因は加齢だけでなく、むしろ最大の原因は姿勢にあるといえます。

例えば、座ったときの姿勢が悪いと椎間板に大きな負担がかかります。

背骨は椎体という小さな骨が積み重なってできていますが、その間に挟まれて、クッションの役割をしている軟骨組織が椎間板です。

腰や背中を丸めた姿勢で座ると、椎間板の内圧は立っているときに比べて2倍近く上昇します。

したがって、悪い座り姿勢が習慣化している人は脊椎の腰の部分にかかる負担が増加しているため、腰椎の老化が早まり、脊柱管狭窄症を引き起こしやすいのです。

現に脊柱管狭窄症の発症前に腰痛で悩んだ経験がある方は非常に多く、「ぎっくり腰」「腰椎椎間板ヘルニア」が完治したとしても安心せず再発予防に努めることが脊柱管狭窄症にならないための近道となります。

 

 

当院での改善法

治療風景4ふきざわ整体院で行なう脊柱管狭窄症の施術方法は

  1. 背骨の柔軟性を改善させていきます。
  2. 骨盤、股関節周囲の筋を調整し歩行に重要な足の動きをつけていきます。
  3. 歩行が困難な方には歩行機能を高めるための補助運動を行ないます。
  4. 脊柱管狭窄症に有効な体操や歩行のアドバイスをします。
  5. 動画撮影をおこない歩行のクセを修正し確認していきます。

連続歩行距離の測定

腰部脊柱管狭窄症の一番の問題点は歩くとお尻、もも、すねの外側に痛みやしびれが出現します。

悪化すると全く歩行ができなくなるのですが、自分の体の状況を正しく把握することが大切になります。

途中で腰を曲げたり休憩したりすることなくどのくらい歩くことが出来たのかを「距離」や「時間」で計測しましょう。

1週間や1ヶ月などある程度の期間の平均値を比較してこの連続歩行距離が長くなっているようであれば確実に脊柱管狭窄症自体の進行は防げているということを意味します。

当院に来院している患者さんでも自宅から整体院までの「歩くスペードが2分縮まった」「休み無く歩くことができた」というご報告があります。

脊柱管狭窄症の目的は歩く力を取り戻すことにあります。

なぜならば本質的な問題が「歩行不足による組織の変性」だからです。

「組織の変性」とは骨、筋肉、靭帯などのことをいいます。

歩行が不足すると体を保護する骨や筋肉が落ちてしまいます。

脊柱管狭窄症の痛みは本当に辛いものですが、症状が改善していく過程には痛みだけフォーカスしてそれを取ることが「最善」とはなりません。

長年、歩くことが出来なくなってしまった方は症状が落ち着くまでには最低でも6ヶ月の期間はかかってしまいます。

まずは「40分以上」の連続歩行が出来るよう目標とします。可能であればまず問題がなくなるでしょう。

最初は5分しか歩けない方が施術を続けていくことにより、

「歩行時間」「歩行距離」「歩行スピード」の変化を感じることができるでしょう。

当院では姿勢、歩行、体操法を指導する技術と知識に沢山の時間を費やしました。

施術に組み合わせることで「どこにいっても良くならない脊柱管狭窄症」を根本から改善へと導いていきます。

当院が施術で考えている最も重要な考えとは。

体の機能を整えて改善していくには「体液循環」をよくする必要があります。

体の60%は体液で満たされています。

筋肉に新鮮な血液、酸素、栄養を送り乳酸、炎症物質などの老廃物をしっかり流していかなければいけません。

それらの働きが毎日、正常に行なわれることによって体の安定は保たれます。

心筋梗塞や脳梗塞を考えてみてください。

血液が送られないと死につながる危険性があるほど循環が断たれるとはとても恐ろしいことなのです。

コリや痛みとは基本的に筋肉へ運ぶ血液の循環が悪くなっています。

循環が悪くなると筋肉は弾力性を失い関節の動きを妨げ骨格のゆがみを作ります。

そしてゆがんだ骨格や筋肉のコリがさらに筋肉を硬くさせて脊柱管狭窄症が起こるのです。

当院の指圧は「気」の巡りを良くする効果があります。

気の流れは体液の巡りを良くする原動力です。

「元気」「勇気」「活気」という言葉が使われるように気の流れを良くしていくことも重要になります。

機械も「電気」が流れないと動きません。

「気」はツボとツボをつないでいる経絡に沿って流れています。

「ツボ」と聞くと受け入れやすいかもしれません。

代表的なのが膝の裏にあるツボ「委中」

「委中」のツボはぎっくり腰や腰痛などに使われています。

そのツボを押すと経絡に沿って気が巡り肩まで刺激が伝わっていきます。

「経絡」とは駅と駅を結ぶ線路、そして「気」はその上を走る電車と言えます。

気が滞るとは電車が遅延したり動かなくなりホームに人があふれかえることを意味します。

院長はあん摩・マッサージ・指圧師の国家資格を保持しており、資格取得後のべ10万の施術に携わってきました。たくさんの方に喜んでもらった実績と施術家に指導する技術と知識があります。

気休めではない当院の施術であなたの治癒力をよみがえらせます。

 

 

キャンペーン

1122までに
\ご予約の方に限り/

 

トータル整体コース

初回60分
(カウンセリング・検査+施術)

2回目(施術)

 

セットで 1,980円
※通常 初検料1,500円+施術料6,000円×2回=13,500円(税抜き)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3

 

tel:047386599524時間受付・予約フォーム >MAP

 

 

なぜ、2回で1980円なのか?

 

困る女性

  • 1回では効果が分からない
  • 初めて行くところは不安

など、確かに1回施術を受けただけでは、身体を任せていいかどうか判断が難しいと思います。

そこで当院では、2回1980円のキャンペーンを設けました。これならあなたに合うかどうか費用を気にせず、十分にお試し頂けると思います。

身体がつらい時に頼れる所かどうか、ご判断下さい。

 

 

size-medium

 

 

他院とはどこが違う?

矢印

ふきざわ整骨院の
9つの特徴

 

1. 初回約30分のカウンセリング・検査で原因を徹底的に特定

問診風景。症状の原因を特定することが根本改善への第一歩です。時間をかけてしっかり調べます。

 

 

2. どんなお悩みもお任せ!しっかりお話をお伺いします

背骨模型不安に思っている事、心配な事、少し聞きづらいと思っている事、どんなお悩みでも構わずご相談下さい。

 

 

3. のべ10万人が感動!院長自らが施術します

施術風景6歴25年の院長が、お一人お一人の身体の状態に合わせたオーダーメイドの整体で根本改善へと導きます。

 

 

4. 痛みのない心地よい施術

肩治療アップお子様や妊娠中の方でも受けて頂ける、身体に優しいソフトな整体です。

 

 

5. アフターケアが充実!徹底的な再発予防

アフターケアー肩更なる施術効果UP&再発予防のため、運動指導や食事指導にも注力。12種類の自宅で簡単に取り組めるメニュー表もお渡しします。

 

 

6. 清潔・快適な空間で施術が受けられます

院内土壌蓄熱式床暖房を使用し、冬はエアコンいらずで乾燥防止!また、空気清浄機はもちろん、ガス乾燥機使用でタオルに付着するダニや花粉を防ぎます。

 

 

7. 何院回っても良くならない重い症状にも対応

膝治療2坐骨神経痛や狭窄症・ヘルニアなど、病院に行っても改善しない重度の症状も、当院にお任せ下さい。

 

 

8. 書籍でも多数紹介される千葉で指折りの整骨院です

ふきざわ当院の技術が評判で書籍にも掲載。千葉県内でも有数の整骨院です。

 

 

9. 地域にお住いの方むけの健康教室も好評

健康教室

地域の方を対象とした健康教室もご好評頂いております。一緒に健康な身体を目指しましょう。

 

 

全国の有名整骨院・
整体院
当院の技術を
\ 推薦しています!/

 

「勉強熱心で職人肌、思いやりがあって誠実な先生です。」

かつしかウェルネス整骨院
院長
坂田靖延先生

私は、病院で原因が分からなかった方や、いろいろな治療を受けてきたけどイマイチ効果を感じることが出来なかった方はまず一度ふきざわ先生の施術を試してもらいたいです。
レントゲンやMRIで判断が難しい「姿勢のゆがみ」「筋肉のアンバランス」を整えて、症状を改善へと導いてくれます。
ふきざわ先生は勉強熱心で職人肌な先生です。
そういった先生は気難しいイメージがあると思いますが、ふきざわ先生は思いやりがあって誠実な先生ですので、きっと話しやすいなと感じると思いますよ。

「常に患者様の事を考えきっちり向き合ってくれます。」

なかばやし整体院
院長
中林良輔先生

蕗澤先生とはあるセミナーでご一緒させていただいき知り合いました。
穏やかな雰囲気と優しく謙虚な人柄は、とても信頼できる先生だと一目でわかりました。
常に患者様の事を考えきっちりと向き合ってくれるので、とても信頼できる先生です。
そしてなにより、治療技術の高さに驚きました。関東でもトップクラスの治療家であることは間違いないです。
身体の事で悩んでいてどこの治療院に行けばいいのか困っている方は、ぜひ蕗澤先生に頼ってみてください。
あなたを必ず最良な方向へ導いてくれますよ。

「信頼度抜群の凄腕先生です。」

整骨院 咲良
院長
森本俊樹先生

千葉の市原市で整骨院 咲良をやってます。森本と申します。
ところで皆さんは痛みが出たら、どこ行きますか?
病院? 整骨院? 整体? 鍼灸? マッサージ? それともジムで運動でもしますか?
僕が患者さんなら、どこか痛くなったら間違いなく蕗澤先生の院を選びます。
選ぶ理由としては

膨大な知識と勉強量

蕗澤先生と話しているとよく分ります、そんな事まで……っていうくらいです。僕自身もよく蕗澤先生に相談します。
頼りになります。

トップクラスの技術

先生はセミナーを開催するくらい素晴らしい技術をお持ちで、セミナーを受けた先生は地域で大活躍されているようです。僕も正しい技術、知識を身につけるため先生のセミナーに参加しています。

患者さんから絶大な信頼

先生の院に行くと良くなった患者さんからのメッセージがたくさん壁にたくさん貼ってあり、患者さんから信頼されてるんだな~と感じます。
僕は蕗澤先生イチオシです!
悩む時間がもったいない! 悩んでないでまず相談してみて下さい!

 

 

bnr-B-1

 

 

キャンペーン

1122までに
\ご予約の方に限り/

 

トータル整体コース

初回60分
(カウンセリング・検査+施術)

2回目(施術)

 

セットで 1,980円
※通常 初検料1,500円+施術料6,000円×2回=13,500円(税抜き)

 

予約多数のため先着10名様のみ
→ あと3

 

tel:047386599524時間受付・予約フォーム >MAP

 

「ふきざわ整骨院・整体院」松戸市で口コミ評価No.1 PAGETOP